シルバーアクセサリーブランド“SEVENTH DOOR”ロゴ
SEVENTH DOOR> 金属アレルギーについて

金属アレルギーについて

金属アレルギーとは

本来、「金属そのもの」は身体に対して無害なものです。

では、どうして金属アレルギーが引き起こされるのでしょうか?

金属は体に接していると汗などの体液によって溶けてイオン化し、微量ながら体内に取り込まれます。

取り込まれた金属イオンは体内のタンパク質と結合し、この物質を異常なものであると認識した生体がアレルギー性を持ちます。

そして、同じ金属が再び体内に入ってタンパク質と結合すると、拒絶反応を起こして皮膚や粘膜を破壊してしまう事が金属アレルギーのメカニズムであると言われています。

金属アレルギーの原因

純度100%の純銀は金属アレルギーを引き起こしにくい金属であるとされています。

食器や歯科用金属などに使われている事からもわかるように、銀(シルバー)は安全な金属なのです。

※必ずしも銀でアレルギーにならないというわけではありません。

しかし、純度100%の純銀が使用されているシルバーアクセサリーはあまり多くはありません。

純度100%の純銀は柔らかく傷がつきやすい金属であるため、アクセサリーとして使用するのに十分な硬度にするために、銅などの金属を混ぜた「合金」を使用したシルバーアクセサリーがほとんどです。

シルバー925は銀92.5%、銅7.5%で作られるのが一般的です。

しかし、流通しているシルバー925の全てがそうであるとは限りません。

残念ながら、金属アレルギーを引き起こしやすい金属(ニッケルなど)が使用されている「粗悪品」も多く流通しています。

そのような粗悪品は金属アレルギーを引き起こす危険性が高まりますので注意が必要です。

シルバー925の場合、7.5%混ざっている「他の金属」に何が使用されているのかがアレルギーに大きく関わる部分なのです。

金属アレルギーを引き起こしやすい金属(ニッケルなど)が使用されている「粗悪品」を購入しないようにするには、信用の出来るショップ・信用の出来るブランドのシルバーアクセサリーを購入する事が重要です。

※ご注意※

筆者はアレルギーの専門家ではありませんので、記述はあくまでも参考として下さい。